2013年の冬の新作キットは、世界の駄っ作機で紹介された「ブラックバーンF.3」です。
実機は全幅:9.02 m、全長:8.22 mなので、1/72スケールでは全幅:15.6cm、全長:11.41cmになります

Blackburn F.3 (Blackburn F7/30) Span: 15.6cm Length: 11.41c。

 資料が少ない機種なので、ネタ元になったのは40年以上前にPUTNAM社から刊行された"Blackburn Aircraft since 1909"と
Archive Photographs Seriesの"THE BLACKBURN AIRCRAFT COMPANY"だけです。世界の駄っ作機の記事もPUTNAMの本が元ネタです。

部品構成です。

ピトー管、アンテナ、スパッツの支柱、尾橇等の小部品はモールドされていないので、プラ棒等で自作する様お勧めします。
主翼の位置決め用の治具が付属しています。